岐阜県美濃市 うだつと和紙の町

2013年5月のウェブサイト・リニューアルに伴い、旧ウェブサイトにて紹介していた、岐阜県・美濃市に訪れた時のレポートを、このJournalに移設します。(2013年5月6日)

探訪記

岐阜県美濃市 うだつと和紙の町 伝統的建造物群保存地区【商家町】

2006年3月25日。出張の帰り道に、岐阜県美濃市に立ち寄りました。
美濃市は、「和紙」と「うだつの町」で知られています。

■歴史

(以下、美濃市観光協会ウェブサイトより引用)

慶長5年(1600年)関ヶ原合戦の功により徳川家康からこの地を拝領した金森長近は、長良川畔に小倉山城を築城、慶長11年(1606年)頃に現在の町割りが完成。
長近は、長良川に「上有知湊」を開き経済の発展を目指した。
没後の元和元年(1615年)に尾張藩領となるも、「上有知湊」は船運による物資集散の拠点として、
和紙を中心とした経済活動が進み、商業都市として繁栄。
明治44年(1911年)、それまでの地名「上有知(こうずち)町」は、美濃紙にちなんで「美濃町」と改名し現在に至る。
(引用おわり)


大きな地図で見る

1mise 2matinami

お店の佇まい。 町並みは、しっとりと落ち着いた印象を受けました。

山田家住宅

3yamadake4yamadake

この家は、1721年に建てられた町医者の家。以降、代々医者が続いたそうです。
市では、町並みの活性化を図るため、空き家となっていたこの家を借り受け、診察室や待合室をギャラリーとして改装した 。

6yamadake7yamadake

改装時に、柱材などはキレイに磨かれたのでしょうけど、300年近く経過した建物とは思えません。

行く先々で、ひな人形が飾られていました 。
ここでは、4月上旬まで飾られるとか。

国重要文化財 小坂家住宅

印象深かった建物の一つです。

安永元年(1772年)小坂家は代々つくり酒屋を営み、母屋から後ろに続く酒蔵まで総て江戸時代の貴重な建築。
むくり屋根の町家は珍しく、上方の影響を受けたもの。
【特徴】
うだつ造、むくり屋根、桁行24メートル、梁間16メートル、二階建、切妻造段違北面庇付棧瓦葺

8kosakake 9kosakake

10kosakake

暖簾(のれん)をくぐり中に入ると予想しなかった空間に感動

13kosakake

突き当たりに見えるのが酒蔵

14kosakake

 

15kosakake

じっくりと内部を見た後、外に出てあらためて外観を見ます。

19kosakake

屋根がカーブしているのが分かると思いますが、これが「むくり屋根」。
ぶら下がっている「杉玉」は、杉の葉を束ねて丸く刈った門飾りで、新酒が出来たことを知らせるためだとか。ここでは酒林(さかばやし)とも言うそうです。建物見学に夢中になってましたが、お酒を買って帰れば良かったと少し後悔。

21kosakake 22kosakake

外に出てみると、丁度タイミング良く補修工事をしていました 。

23udatu 24udatu

この屋根の出っ張りが「うだつ」
この2軒で競い合っているように見えるのは私だけでしょうか。商家であるが故かもしれませんね。
うだつ(卯建)とは、火事の延焼を防ぐための防火壁で、屋根の両端に付く防火壁などのこと。

「うだつ」は、防火壁としての役割から、時代と共に装飾的な意味合いが出てきたようです。
「うだつが上がらない」という言葉の語源は、ここから来ているという説もあるようですが、正確なことは分かりません。

26matinami

もう一つ目的地がありましたが、土曜日のため残念ながら休業で実現しませんでした。
美濃を訪れた結果、大分前に行った長野県楢川村奈良井宿を思い出します。
奈良井宿に比べると、美濃町はあか抜けていて時代に取り残された感じを受けませんでした。

参考サイト: 美濃市観光協会 www.minokanko.com

Cross Laminated Timber (CLT)構法 耐震実験

去る2012年2月6日、防災科学技術研究所・大型耐震実験施設にて、「クロス・ラミネイテッド・ティンバー・パネル実物大建築物の振動実験」が行われ、見学してきました。

クロス・ラミネイテッド・ティンバー(Cross Laminated Timber : CLT)という言葉をあまり聞かないと思われますが、欧州での木構造建築ではCLTパネルが多く採用されています。
CLTパネルを簡単に説明すると、厚さ数センチ程度の木材を、各層が直行方向に重なるよう貼り合わせ壁パネル化したものです。今回の実験では、厚さ3センチの杉材を貼り合わせたCLTパネルを用いています。

公共建築物等にも木造建築を推進し、それにより木材利用の促進に繋げるという内容の法律が平成22年に施行されました。しかし地震多発国である日本では、耐震性能を確保する必要があります。このためにCLT構法での実物大振動実験が行われました。

以下の写真は、2010年3月に訪れたオーストリアのスキーリゾート地、Obertauern(オーバータウエルン)でのCLT構法のホテル(地下はRC造)。CLTパネル会社はKLH。


大きな地図で見る
その工事中ホテルの内部。間仕切り壁のCLTパネル断面が見えています。右側に見える黄色いものは屋根裏面のグラスウール断熱材。
photo
木構造の建築は、鉄筋コンクリート造とは違い完成直後に乾燥状態にあること。そしてコンクリートや鉄骨などに比べ熱が伝わりにくく、断熱面でもメリットが大きい。

日本の降水量と建物の形

日本は、世界的に見て降水量が多いことをご存じでしょうか。

(以下、国土交通省ウェブサイト「水害対策を考える」から引用)
世界でも多雨地帯であるモンスーンアジアの東端に位置する日本は、年平均1718mmの降水量があり、これは世界平均(880mm)の約2倍に相当する。しかも、日本の降水量は季節ごとの変動が激しく、梅雨期と台風期に集中している。
(引用終わり)

上記に、年平均降水量1718mmとありますが、神奈川県横浜の平均降水量を調べました。気象庁・気象統計情報によると1981年〜2010年の年間平均降水量は1688mm(横浜)でした。これは、前述の1718mmの平均値に近い数値です。以下は、横浜の月別の降水量をグラフにしたものです。(気象庁・気象統計情報から作成)
Yokohama mounthly precipitation

大きな地図で見る
上記、国土交通省の引用文にあるとおり、季節ごとの降水量の変動が大きいのが分かります。最も多い9月と、最も少ない12月とを比較すると約4.3倍になります。

そして、日本の有数の林産地は降水量が多いことを知っていましたが、理科年表(国立天文台 編)の地域別・平年降水量で際だっていた、三重県尾鷲の月別降水量をグラフにしました。(気象庁・気象統計情報から作成)
Owase & Yokohama monthly precipitation

大きな地図で見る
林産地の一つ、尾鷲の平均降水量と神奈川県横浜を比較すると大きな違いがでました。年間平均降水量で約2.3倍、月別平均降水量では9月で約3倍、尾鷲の方が降水量が多いことが分かります。(尾鷲の林産地へ訪れたことがあり、機会があれば記事にしたいと思います。)

建築を設計する上で、気候は重要な要素です。雨の多い地域に、平らな屋根や、軒の出が少ない屋根をつくることは、高い防水性能が求められたり、耐久性が下がる要因にもなります。自然の摂理に従わず、技術で克服しようとする場合、どこかに無理が生じることが多いものです。

また、窓の上に付ける小さな屋根「庇」を付ける住宅が少なくなりましたが、庇があると小雨位なら窓を開けて換気することも可能になります。昔は自然の猛威に立ち向かえる建築技術は限りがありました。その時代に生まれた建物の形体は、機能を伴ったものであることが多いと思われます。現代のようにデザイン優先で建物の形体を決めると、夏にも日差しが注ぎ込む暑い建物や、自然換気がうまく働かない窓など、エアコンに頼らざるを得ない建物になってしまいます。省エネを考える前に、建物の基本性能を考えて設計することが重要です。